仮想通貨の用語集

仮想通貨:用語:あ行

・ICO:

資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自のトークン(デジタル権利証)を
発行・販売し、資金調達する手段・プロセスのこと。

・相対取引 (アイタイトリヒキ):

取引所を経由しないで売り手と買い手が直接取引すること。

・アルトコイン:

Alternative Coin(代替のコイン)の略、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。

・移動平均:

社会的、経済的現象の時間的経過を計数の動きによってとらえようとすること。

・イナゴ:

美味しそうな銘柄にワラワラと集まっていく様。

・ウォレット:

仮想通貨を保管する場所。リアル通貨でいうところの口座のようなもの。

・Age(Coin Age):

コインの保有期間のこと。

・AirDrop:

仮想通貨の無料配布のこと。
知名度の向上やサービス事前登録者を集めることに利用されることがある。

・億り人:

仮想通貨トレードによって資産を1億円超にした人の事。憧れの存在。

仮想通貨:用語:か行

・ガチホ:

「ガチでホールドしている様」の略。強く保有し続ける事。

・草コイン:

マイナーなコインの事。ハイリスク・ハイリターンの投機性の極めて高い取引になります。

・草いじり:

草コインを売ったり買ったりしていじる事。

・CC:

コインチェックのこと。仮想通貨取引所。

・GOX(ゴックス)する:

ハッカーの不正アクセス等によって、
ビットコイン取引所の利用者がビットコインを突然失うこと。

仮想通貨:用語:さ行

・塩漬け:

コインが値下がりしても、値上がりを期待して売らずに長期間保有する事。

・スプ(スプレッド):

「売り値」と「買い値」の差(広さ/狭さ)のこと。

・総平均法:

繰越高と当期の受入高の平均により払い出し単価を計算すること。

・底:

仮想通貨が下がったとしても「そこで止まるだろう」の底。

・底固い(硬い・堅い):

下がりそうで下がらない事

・損切り:

ロスカットに合わないようにするために、予め自分で損を限定し確定すること。

仮想通貨:用語:た行

・徴税(ちょぜい):

税金を取り立てること。

・匿名三兄弟:

取引の際に送金元を匿名化でき、中国や韓国など自国通貨の信用力が高くない地域で
人気の仮想通貨、Dash(ダッシュ)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)の事。

・トークン:

ブロックチェーン上で発行した独自コイン。

仮想通貨:用語:は行

・HF (ハードフォーク):

既存の仮想通貨(ブロックチェーン)を分岐させて新しい、改善された仮想通貨を作ること。

・ビットコ:

仮想通貨、ビットコイン(BTC)のこと。
ちなみにビットコインキャッシュ(BCH)は、ビッチ。

・ブロックチェーン:

ビットコインの中核となる「取引データ」技術のこと。

・ホルダー:

そのコインを所有(ホールド)している人の事。

・ホワイトペーパー:

仮想通貨発行前に通貨の企画や構想、技術的な内容を知ってもらうための公開文書。

仮想通貨:用語:ま行

・マイニング:

仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加すること。
しかし、その作業には膨大な計算量が必要となります。

・マネロン:

マネーロンダリング(資金洗浄)のこと。不正取引で得た資金や企業の隠し資金を、
金融機関との取引や口座間を移動させ資金の出所や流れを分からなくすること。

・ムーン:

急騰する価格の事。月に向かって急激に上昇する様に例えています。

仮想通貨:用語:や行

・ヨコヨコ:

相場が動かず狭く値動きしている保ち合い状態の事。

仮想通貨:用語:ら行

・利確:

利益確定。利益を確定させること。

・レバかける(レバレッジをかけること):

少ない投資金額によって大きな取引を行なうこと。

・ロスカット:

ある通貨を購入(注文)して保有している状態の損益がある一定レベルに達したときに、
更なる損失の拡大を未然に防ぐために強制的に決済する制度のこと。

・狼狽売り:

何らかのニュースや相場環境で、持ちコインが急激に下落した際パニック状態に陥り、
持ちコインを慌てて売却してしまう事。
スポンサーリンク